東京フォト鉄道

電車や駅舎, 街の風景写真をアップしていくブログ。東京と愛媛の写真が多い。

【最新版】欲しい!おすすめのマイクロフォーサーズ 標準ズームレンズ 3選

欲しいマイクロフォーサーズ用レンズ ベスト3【標準ズーム編】

今回は、個人的に欲しいと思っている(魅力的だと感じている)マイクロフォーサーズ用の標準ズームレンズをランキング形式(1位~3位)でピックアップします。なお、レンズ自体の魅力だけではなく、価格面(コスパ)も考慮に入れてランキングを決めています。

※記事の最終更新日: 2022年6月9日

1位: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO

オリンパスが比較的最近発売した、評判の良いレンズです。この魅力は、プロレンズかつ12-45mm(約3.8倍ズーム)というそれなりの焦点域をカバーしながらも軽量コンパクトであること、そして、値段がお手頃だということです。また、結構寄れてハーフマクロ的に使えるのも便利だと思います。

基本情報

発売日 2020年3月27日
価格 新品6万円強, 中古4万円台~
焦点距離 12~45mm(フルサイズ換算24-90mm)
開放F値 F4.0通し
最短撮影距離 0.12m(Wide)/0.23m(Tele)
重量 254g
最大径x長さ 63.4x70mm

評価

個人的欲しさ 5.0
巷での評判 4.5
総合点 9.75

 

この12-45mm/f4.0は、同じオリンパスで「神レンズ」と評されている12-40mmのf2.8通しの大三元レンズと比べると一段分暗いレンズとはなります。ただ、12-40mm/f2.8はサイズが大きく重い(69.9x84mm, 382g)ので、僕は軽量コンパクトな12-45mm/f4.0に惹かれます。

 

2位: LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. 

F2.8通しの明るいレンズです。焦点域が物足りない気がしますし、少し古いレンズでもありますが、価格が手頃なので2位にしました。

基本情報

発売日 2012年6月21日
価格 新品不明, 中古3万円台後半~
焦点距離 12~35mm(フルサイズ換算24-70mm)
開放F値 F2.8通し
最短撮影距離 0.25m
重量 305g
最大径x長さ 67.6x73.8mm

評価

個人的欲しさ 4.5
巷での評判 4.4
総合点 4.5

 

実は、このレンズには新しいモデルのⅡも出ていて、そちらは手ブレ補正が対応ボディと協調駆動したりと、性能がアップしているわけですが、価格を考えると僕はⅠを選びたいです。Ⅰは中古で3万円台後半で手に入るのに対し、Ⅱは中古で6万円くらいします。Ⅱを買うくらいなら、もうちょっとだけお金を出して次に紹介するパナライカの12-60mmを買うと思います。

 

3位: LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. 

パナソニック(LUMIX)が出しているライカブランドを冠したレンズ、いわゆる「パナライカ」のレンズです。実は、レンズ自体の魅力からすればこれを文句なしで1位にしたいところでしたが、値段が高いので3位にしました。描写力についての評判はすこぶる良いです。しかも、焦点域12-60mmをカバーしていて非常に便利なので、これを持っているとほかのレンズを一切使わなくなってしまうという口コミもあります。

基本情報

発売日 2017年2月23日
価格 新品9万円くらい, 中古6万円台後半~
焦点距離 12~60mm(フルサイズ換算24-120mm)
開放F値 F2.8~4.0
最短撮影距離 0.2m
重量 320g
最大径x長さ 68.4x86mm

評価

個人的欲しさ 4.0
巷での評判 4.8
総合点 4.4

 

関連記事

tren.hatenablog.com

tren.hatenablog.com