東京フォト鉄道

電車や駅舎, 街の風景写真をアップしていくブログ。東京と愛媛の写真が多い。

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 作例(森下駅周辺)

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 作例(森下駅周辺)

-------------------------

撮影日: 2021年11月3日

「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」(マイクロフォーサーズマウント)という標準ズームレンズを購入したので、試しに撮影してみた(江東区新大橋2丁目あたり)。画像はすべてJPEG撮って出し。

「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」という標準ズームレンズを購入したので、試しに撮影してみた(江東区新大橋2丁目あたり)。

「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」という標準ズームレンズを購入したので、試しに撮影してみた(江東区新大橋2丁目あたり)。

「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」という標準ズームレンズを購入したので、試しに撮影してみた(江東区新大橋2丁目あたり)。

使用機材:LUMIX GX7Ⅲ + LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 

※使用機材:LUMIX GX7Ⅲ + LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 

 

写りには満足している。何よりも、フルサイズ換算で焦点距離24-120mmの領域をカバーする便利なズームレンズでありながらも、重さがたった210gというところが素晴らしい。また、ほぼ未使用の中古品を、25,000円という比較的お手頃な価格で購入できたので良かった。

ちなみに、同じ焦点距離で「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. 」というハイグレードなレンズも販売されている。性能はきっとこちらの方が素晴らしいと思うが、320gと重いし、価格が高く新品だと9万円、中古でも7万円近くしてしまう。

 

「多少暗いレンズでも良い」、「背景をボカす写真をたくさん撮るわけではない」という人には、お手頃な価格で軽量の「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」はおすすめである。

 

【関連記事】

tren.hatenablog.com