東京フォト鉄道

主に東京都内の電車/駅構内やさりげない街の風景の写真をアップしていくブログです。

JR渋谷駅 忠犬ハチ公像, スクランブル交差点

撮影日: 2018年4月23日, 2019年12月31日

 

↓JR渋谷駅前の忠犬ハチ公像。忠犬ハチ公は、当駅まで飼い主の帰りを出迎えに行き、飼い主の死去後も約10年間通い続けたと言われている秋田犬である。1935年死亡。

JR渋谷駅前の忠犬ハチ公像

※使用機材:HUAWEI honor 8

最初に銅像が建てられたのは、忠犬ハチ公がまだ生きていた1934年。その後、戦争の影響で日本が金属不足に陥ったため同銅像も回収の対象となったが、それに対して抗議運動が行われたため、表向きは撤去されたものの「戦争が終わるまで別所で保管する」ということになった。ただ、結局、終戦の前日の1945年8月14日に溶解されてしまった。なお、溶解された金属は機関車の部品の材料となり、東海道線を走ることになった。

現在の銅像は1948年に再建されたものである。制作したのは、初代銅像を作った彫刻家・安藤照(1892-1945)の息子の安藤士(1923-2019)。

 

↓渋谷スクランブル交差点(正式名称は「渋谷駅前交差点」)。

渋谷スクランブル交差点

※使用機材:HUAWEI NOVA 5T

 

当交差点は、日本の都市風景を象徴する存在となっており、「世界一混み合う交差点」、「世界で最も有名な交差点」とも言われている。

 

【関連記事】

tren.hatenablog.com

tren.hatenablog.com