東京フォト鉄道

電車や駅舎, 街の風景写真をアップしていくブログ。東京と愛媛の写真が多い。

2003年に撮影した京都駅ビル

撮影日: 2003年3月6日

 

学生時代に青春18切符で仙台駅から京都駅へと旅行したが、その時に撮影した「京都駅ビル」の写真。

京都駅ビルは、京都駅の駅舎のうち、JRの烏丸中央口側の建物を指すが、「古都」という京都のイメージとは対照的な非常にモダンなデザインとなっている。この駅ビルは1997年に完成したらしい。地上16階、地下3階、敷地面積38,000㎡、延床面積238,000㎡、東西の長さ470mと、駅舎としては日本有数の大きさを誇る。

2003年に撮影した京都駅ビル

2003年に撮影した京都駅ビル

※使用機材:OLYMPUS C-700 Ultra Zoom

 

京都駅ビルのサイトには、建物のデザインについて次のように解説されている。

全体を箱型のガラスと金属的な膜でカバーしている点が、従来の商業ビルの印象を与えるという指摘もあったが、一方で、表層的なデザインは京都の琳派の装飾性に富むデザイン感覚であること、そして何よりも内外をつなぐコンコースがユニークで大胆な空間になっていることなど、21世紀に向かう新しい空間のデザインを提案している点が評価された。-京都駅ビルについて - 京都駅ビル

 

僕は東京駅のようなレトロな建物が好みなので、京都駅ビルの外観にはあまり惹かれない...。実際に、そのデザインの評価は賛否両論に分かれているようだ。ただ、どんな建物でも賛否両論が出ただろう。いずれにしても、内部の構造までいろいろこだわっていてすごい建物であるのは間違いないと思う。

 

京都駅ビル20周年記念の動画がYouTubeにアップされている。

www.youtube.com

 

【関連記事】

tren.hatenablog.com