東京フォト鉄道

電車や駅舎, 街の風景写真をアップしていくブログ。東京と愛媛の写真が多い。

オリンパス 魚眼ボディキャップレンズ 9mm F8.0 作例 (門前仲町駅周辺)

撮影日: 2021年10月23日

 

先日、マイクロフォーサーズマウントの「OLYMPUS 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ」を購入した。フルサイズ換算で焦点距離18mmの超広角レンズである。

「ボディキャップレンズ」という名の通り、とても薄くて手軽に使える。しかも、新品でもAmazonで9,000円くらいで売っている(僕は6,800円で中古品を買った)。

超広角レンズは頻繁に使うものではないので、プロならともかく、そのようなレンズに何万円もかけたくない。趣味でカメラを楽しむ人にとってはとても良い価格設定である。もちろん、F値が固定で8.0と暗いし、オートフォーカスはきかないので、スペックに優れたレンズでは決してないが、僕にとっては十分である。

マイクロフォーサーズマウントの「OLYMPUS 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ」を購入した

 

このレンズを使って門前仲町駅周辺で写真を撮ってみた。

超広角レンズで撮影した門前仲町駅周辺の風景

超広角レンズで撮影した門前仲町駅周辺の風景

超広角レンズで撮影した門前仲町駅周辺の風景

 

こちらは門前仲町駅のホームで撮影した写真。↓

超広角レンズで撮影した門前仲町駅のホームの風景。

超広角レンズで撮影した門前仲町駅のホームの風景。

※使用機材:LUMIX GX7Ⅲ + OLYMPUS 9mm/F8.0 FISHEYE

 

【関連記事】

tren.hatenablog.com

tren.hatenablog.com