東京フォト鉄道

電車や駅舎, 街の風景写真をアップしていくブログ。東京と愛媛の写真が多い。

【レンズレビュー】LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 IIのメリット,デメリット,作例

望遠ズームレンズ(35㎜換算:90-400mm)で花を撮る

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」(フルサイズ換算で90-400mmの焦点距離)を入手したので、レビューや作例をご紹介します。

※記事の最終更新日: 2022年9月26日

 

LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 IIのレビュー

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて花を撮影してみた。

基本スペック

  • 対応マウント:マイクロフォーサーズ
  • タイプ:望遠ズームレンズ
  • 焦点距離:45-200mm
  • 最短撮影距離:1.0m
  • 最大撮影倍率:0.19倍
  • 開放F値:F4.0-5.6
  • 手ブレ補正:あり
  • 防塵防滴:あり
  • フィルター径:52mm
  • 最大径×長さ:70×100mm
  • 重量:370g
  • 実勢価格:新品40,000円台~/中古35,000円程度

良い点・メリット

LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II は、コントラストが高く、色乗りの良い写真を撮れると感じています。

手ブレ補正の機能が搭載されていますし、LUMIX同士であればボディとの協調駆動も可能です。また、防滴防塵の設計で、機能面でも文句なしのレンズとなっています。

しかも、新品で4万円台前半で購入できますので、コスパにもかなり優れていると言えるでしょう。

悪い点・デメリット

オートフォーカスで撮影した時に、ピントが微妙に合っていないということがたまにあります。

試したボディは、GX7KM3とG99ですが、どちらでもそのような現象があります。

このため、ピントが合いづらい時や確実に合わせたい時にはマニュアルフォーカスで撮影するようにしています。

また、重量が370gと重いのも難点かと思います。ただ、望遠ズームレンズなのでこれはやむを得ないといえばやむを得ないですね。

 

LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II で花を撮る

◆撮影日: 2022年4月4日

◆使用カメラ: LUMIX DC-G99 

「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」をG99に取り付けて花を撮影してみました。明るいレンズではありませんが、ズームして撮影すれば結構が背景がボケます。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて花を撮影してみた。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて花を撮影してみた。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて花を撮影してみた。

 

LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II で動物を撮る

◆撮影日: 2022年4月4日

◆使用カメラ: LUMIX DC-G99 

動物園で撮影しました。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて動物を撮影してみた。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて動物を撮影してみた。

望遠ズームレンズの「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II」を入手したのでG99に取り付けて動物を撮影してみた。

 

 

関連動画

www.youtube.com

 

関連記事

tren.hatenablog.com

tren.hatenablog.com